LOAブログ

レンボンガン島をまるごと遊んじゃおう! LOA(レンボンガン島オーシャンアドベンチャー)の最新情報をお届けします!

2016年11月

最近、レンボンガン島が人気となっています。

人気の秘密は
第一に、レンボンガン島は離島であること
第二に、バリ島からスピードボートで約30分と、離島に行くのにちょうど良い所要時間であること。
第三に、海がきれいであること。
第四に、マングローブの林が探検できること。それも小舟などで
第五に、サンゴ礁やきれいなお魚さんと一緒に、シュノーケリングが楽しめる事。
第六に、そのベース基地(LOAビーチハウス)は、最高に便利な位置にある事。

LOAビーチハウス


少し、LOAレンボンガン・オーシャン・アドベンチャーの宣伝に、力が入ってきましたが・・・。

やっぱり、マングローブの林と、きれいな海でシュノーケリングなどが楽しめるからだと思いますが。

20161019073152


           是非、癒しの島、レンボンガン島に遊びに来てくださいませ!!




レンボンガン島をまるごと観光をしませんか?

LOAレンボンガン・オーシャン・アドベンチャーのメインコースは、マングローブの林探検と

シュノーケリングツアーになりますが。

お客様によっては、シュノーケルはどうも・・・・。 ともお声も聞きます。

そこで、LOAではマングローブの林探検と、レンボンガン島をまるごと観光するコースも

ご用意しています。

ご家族様とかご年配のグループ様に好評をいただいています。

1464595182689


いつものレンボンガンスタイルの車で観光をして行きます。
レンボンガン島とチュニガン島の間では、テングサの栽培が大変盛んなんです。
その風景がすごく好きです。 
ツアーではこの美しい景色を見渡せるタウエーレストランで、ソフトドリンクをご用意しています。

IMG_20151210_131423


レンボンガン島の西に位置するデビルテアーでは、大きな波が打ち寄せ度に虹が見れるんです。

IMG_20160721_144932


パノラマビューでお写真! レンボンガン島がきれいに見渡せます。アグン山も・・・

20161017075802


マングローブの林の勉強会もしちゃいます(簡単にですが)

20161023141259


マングローブの事を勉強したら、小舟などでマングローブの林探検へGO!

12マングローブの林探検ツアー_DSC3485_1280x853


ワヤンさん家の天然塩工房も見学! なんとワヤンさん家の塩もお土産付!

DSC_0395 (1)


レンボンガン島内観光とマングローブの林探検ツアーでした。

レンボンガン島には、マングローブの木の種類が14種類確認させていますが、
以前日陰の身のマングローグになれなかった木をご紹介させていただきました。
また、その日陰の身でマングローブの木に認定をさせなかった、可哀想な日陰者を再度さらし者としてご紹介します。
可哀想なんです。
本当にちょっとした差なのか、なぜ嫌われたものなのか・・・。
私も少し長めの人生で、本音で意見や考えを話す機会がよくありました。

でも、最後は何故か嫌われるのです。
世渡りが下手なんでしょうか。

そんな私によく似た、日陰者の君を紹介します。

IMG_20161117_133321


いい顔をしてるでしょう!

IMG_20161117_133048


背も高いし
LOAロアビーチハウスのすぐ近くで、お待ちしています。
マングローブに認定をされなかった「アダン」でした。









マングローブは海水と淡水が混じりあう汽水域に分布する森林です。

熱帯から亜熱帯の海岸の分布しており、沖縄などで観察できます。そして、北限は鹿児島あたりとされています。

バリ島では、空港進入地区のベノア湾に多くのマングローブを観察することができます。

IMG_20161114_152255


ただ、開発が進むバリ島ではマングローブの森林保全が重要な課題となっています。

保全の方法としては、植林で林を増やすことが重要のようです。

植える場所も考えなければ・・・

満潮時に程よい深さになる場所が、一般的に適しているようです。

IMG_20161114_152321


そして、満潮時のマングローブの林には沢山のプランクトンが集まってきて、お魚さんも集まってきます。

そして、誰もが幸せになるであろうマングローブの林を、レンボンガン島で簡単な勉強会付マングローブ観察で挑戦してみてください。



離島のレンボンガン島でのんびりしたいですね

DSCF0368



のんびりをのんびりと辞書で調べてみました。広辞苑では

「気を使うところがなく、心身がのどかに落ち着いているさま。」

では、のんびりと旅をするひとは、どのような方々なんでしょうか?

のんびりと考えてみました

気をつかうことがなく⇒一人旅、夫婦喧嘩も悟りの世界に入ったご夫婦・・・・

心身がのどかで落ち着いているさま⇒一人で何も考えず生きている人。

このような旅人が、のんびりと旅ができるかたなのでは

う~ん

のんびりも難しい・・・

↑このページのトップヘ